初代 パンダ (フィアット)

仕入車両

在庫車輛になります ※2021年1月16日現在

この度はECVTつながりで比較を楽しみたいと思います。こちらの車両はスバルから提供されているECVTを搭載したグレードのセレクタになります。ECVTは壊れると怖いとされて、敬遠されています。実際、初期の頃はスバルに持ち込めば修理を引き売れてくれたそうですが、現在は断られるそうです。そして、故障してもどこが壊れたのかわかりにくい、といわれています。

さて、そんなセレクタを仕入ました。業者オークションの難しさの話になりますが、業者もオークションに行けばはずれを引かないわけではありません。実はエンジンをかけたり、内張をはがしたりはしていいのですが、走行は許されえていません。厳密にいうと空ぶかしも禁止されています。というわけで、走行しないとわからない部分の故障や不具合は発見できない可能性があります。今回の仕入れも走行するまでひやひやものでした。

はい、結果ECVT大丈夫でした!!といっても、電磁クラッチの繊細さ、壊れやすさは変わりませんので、試乗ご希望の方には運転の仕方のレクチャーから入ります。

まずアクセルに少し足を乗せた状態で半クラッチ状態になります。そこから少しだけ踏んだ状態で20キロくらいまで加速すると、フーンという音が聞こえてきます。そうしたら強く踏み込んでも大丈夫です。減速から再加速の時も一気に踏んではいけません。壊れなかったとしてもギクシャクします。坂道での減速時もアクセル操作での減速は厳禁です。また、クリープがありませんが、半クラッチ状態の持続も厳禁です。そのあたりもマスターすれば、故障を心配せず普通に乗れます。しかも、20キロから先の気持ちよさ。素晴らしい。

パワステはありません。クーラーはあります。

サンルーフになっております。キャンバスを二か所開けるとそれはもう、オープンの解放感です。

モデル末期の車両となります。大がかりなマイナーチェンジによって、初期モデルの良さが失われたという人もいます。それは、そうかもしれません。現代においても、通用するモデルになっていることを考えるとマイナーチェンジ後のモデルもいいですよ。やっぱり、毎日乗れるスローライフがいいですよね。

室内はがやがやとうるさいです。この車両にはアルパインのデッキ、スピーカーがついているようです。大きな音を出せば、あぁいい音出してるんだなと気付けますよ!!

20年間販売されました。

1980年デビュー、652ccから始まり、1108ccとなり、なんとECVTまで積んじゃった。

やっとスバルR1との比較に入ります。車重はなんとまったく同じ800キロ。何と高さも全く同じ151cm。前後軸重比率も大体同じ64:36。積んでるオートマもスバル製CVT。

もちろんテクノロジーの進歩の差は明らかにあるのですが、比べてみました。

乗り心地 ホイールベースはR1の方が3cmだけ長いのですが、ピッチングが多い少ないのそれ以前に、サスペンションに対する考え方が違う気がします。4人乗って荷物も屋根にみたいな、タフな使い方をされる前提のサスペンションなのがパンダ。R1は基本一人の時間を楽しむクルマのようなサスセッティング。これでは比較になりませんね。とりあえず、一人で財布一個でお出かけなら、R1の方が乗り心地いいです。

CVT 癖の部分を抜いて話すと、もしかして、初期のECVTの方が理論上は機械効率はいいのかもしれない、と感じました。パンダもちゃんとインジェクションですし、3000回転で最大トルクを発生するロングストロークエンジンと相性がいい気がします。この点R1は660ccという排気量ではいくらテクノロジーの進歩があっても補えない部分かもしれません。

車幅 なんとパンダの方が4cmしか広くないのハズなのです。高さは完全一緒。なのに室内は圧倒的にパンダの方が広いです。この感じで思い出したのが、初代スバルジャスティ。調べてみたら、やっぱり。初代ジャスティ、パンダと近いサイズ感。いやー昔の方が小さく作る、室内大きくを頑張っていたような気がします。

室内 室内の鉄部はボディ同色の塗装がなされていて、ダイハツ エッセのようです。エアバックのない頃は、トリムで鉄部を覆うことの意味は大きかったと思います。今は全席3点式シートベルト、エアバックがあるので、トリム無しのデザインが出てきてもいい気がします。新鮮だし、室内が明るくなりますよ。R1は広々演出はそもそも考えていないです。パーソナル感が出ていて、軽自動車に乗っている感は感じないですよ!!そういう意味ではR1もパンダも乗っているだけで楽しい!!

サス 何といってもオメガアームですよね。リヤサスです。Y10がパンダとプラットフォームを共有して作られたのですが、後発のY10が採用したリヤサスをパンダのマイナーチェンジで採用!!実は、ぐっとリヤが沈み込むと4輪独立操舵的な動きをします。アイデアがすごい。しかもガソリンタンクの配置を工夫して、無駄なスペースはないんですよ。リジッドサスの良さを味わってみるのもいいですよ。4輪ストラットのR1もすごいですけど、リンクではないリジッドの味もいいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました